女性医師

うつ病は原因が分かれば改善出来ます|うつ治療でクヨクヨ解消

精神疾患を乗り越える

カウンセリング

うつ病は、誰にでも起こりうる病気で、決して珍しいものではありません。少しでも自覚症状を感じたらセルフチエックを行い、病院または身近な人に話を聞いてもらいましょう。その原因をきちんと把握し、適切な治療を行うことが大切です。

Read More...

増加する気分障害とは

女医

うつ病の発症原因は人によって様々です。悲しいことや嬉しいことでも起こる可能性があります。また、気分の浮き沈みが激しい人や、周りの目を気にしすぎる人は、うつ病になりやすいと言われています。気持ちを落ち着けてストレスを溜めないことが大切です。

Read More...

特定の人に多い症状

頭を抱える男性

うつ病の原因にはいろいろなことが考えられますが、その1つになりやすい性格が挙げられます。真面目で気遣いができる人ほどその傾向が強く、自分で責任を抱え込むことが原因に関係しているのでしょう。予防や症状の改善のためにも、性格を少し変えていくのも症状を遠ざけるきっかけになっていきます。

Read More...

心の声を聞く

女医

うつ病が発生するメカニズムは完全には解明されていませんが、性格や環境などいくつかの原因は考えられます。多くの場合は休息を求める心の声として、症状を解釈することが可能です。近年は新しいタイプのうつ病が増えていますが、心療内科や精神科の治療法も進化してきました。

Read More...

心の病のきっかけとは

うつ向く女性

研究が続く心の病

心の病として「うつ病」は代表的なもので、知名度も近年高まってきましたが、その原因についての正しい知識は意外と知られていません。うつ病の原因として医学的に最も根拠のあるものは、脳内のセロトニンなどと呼ばれる物質の分泌が少なくなったり、逆に多くなったりすることによって様々な症状が現れるというものです。また、脳内物質の乱れに伴い、前頭葉など脳の一部分の活動が妨げられる結果、気分が落ち込むなどの精神症状が現れることも分かっています。脳に関する研究は、人体での治験などがなかなか難しいこともあり、以前は難航していましたが、現在では様々な研究機器、研究技術の登場によって研究の効率が上がっているので、うつ病の原因をよりピンポイントに突き止めることが可能となっていくと予測できます。うつ病になりやすい遺伝子の研究も進んでおり、今後は遺伝的にうつ病の発症を食い止めたり、再発防止が容易になるなど、検査方法や治療法でも「遺伝」というワードが鍵となっていくことも予想されます。このように、うつ病の原因解明は進歩しつつあるので、連動してうつ病の治療や検査法も改善されていくと考えられます。

気の持ちようではない病

うつ病の原因は研究が進んでいる最中ではありますが、1つ確実に分かっていることとして、気の持ちようでうつ病の症状は改善されるものではないということです。うつ病は単に酷く落ち込んでいるのではなく、ストレスが脳に影響を及ぼしている結果、心身に症状が現れる病ですので、気の持ちようでは脳の状態をコントロールすることは難しく、きちんとした治療が必要となります。そのため、患者自身においてはうつ病の症状で気分が落ち込むことは多々ありますが、決してそれは自分が悪いと責めないことが大切です。しっかり休み、しっかり治療を続ければ、現在では予後も良い病なので、あまり負担や責任を感じずにのんびりと治していく、病気と付き合っていくことが肝要です。また、周囲もうつ病の症状や原因を患者自身のせいだと責めないことも大切です。うつ病を発症すると、どうしても周囲の言動に敏感になってしまい、病気に対して患者自身が責任を感じてしまうと、結果的に病状の悪化に繋がり、治療が遅れたり社会復帰が難しくなります。患者自身の過去をあれこれ言うより、今しっかり休むことを話したり、今後の未来について明るい話題を提供したりする努力が周囲には求められます。