男性医師

うつ病は原因が分かれば改善出来ます|うつ治療でクヨクヨ解消

心の声を聞く

女医

心が休息を求めている

「心の風邪」とも言われたほど身近な存在となったうつ病ですが、発症に至るメカニズムは、まだ完全には解明されていません。脳内の神経伝達物質が何らかの原因によって減少し、うつ病を引き起こすというのが有力な学説です。セロトニンやノルアドレナリンなど、神経伝達物質が減少する原因には性格的要因の他、環境的要因、化学的要因などが挙げられます。薬物やアルコール等、特定の物質が発症の引き金となる場合を別とすれば、原因に対する性格の果たす役割は決して小さくはありません。うつ病になりやすい性格はメランコリー親和型と呼ばれ、古くから知られています。真面目で几帳面、責任感が強く、周囲に対して気配りのできる人は要注意です。そのような人は何事もがんばり過ぎる傾向があって、ついつい無理をしてしまうのかもしれません。自分の行動を周囲に合わせようとするあまり、自身の心がしばしば犠牲になります。うつ病とはそんな心が休息を求めて、耳に聞こえない悲鳴を上げた声とも言えるのです。性格に思い当たるという人は、日頃から自分の心に問いかけ、無理をしていないかどうかと、毎日を振り返ってみることが大切です。強いストレスにさらされている場合は、なおさら注意が必要なのです。

心の現代事情

真面目で几帳面な人に多いと言われていたうつ病ですが、近年では新しいタイプの症例も増えてきました。それは新型うつ病、または非定型うつ病などと呼ばれ、特に若い世代に多い傾向が見られます。家庭では一定の保護の下に置かれながら、実社会では競争原理にさらされ、若者たちは強いストレスに直面しています。ストレスに対する耐性の弱さが、うつ病の原因とも考えられます。このタイプの患者は周囲に誤解されやすく、うつ病の一種としての認知が進んでいない問題点も指摘できます。メランコリー親和型とはまた違った、繊細で傷つきやすい性格の人が多いのも特徴の一つです。この現代型うつ病とも呼ぶべき患者には、自ら進んで医療機関を受診する人も少なくありません。原因に対する自覚は持っているのですが、身体症状に惑わされる例が多々見受けられます。心療内科や精神科は敷居が高いという人も、依然として少なくないのが現状なのです。近年は精神医療にも科学的な検査機械の導入が進んでいます。近赤外線によって脳の血流を測定する検査機などは、代表的な最新技術です。心療内科や精神科を受診すれば、高い確率でうつ病が発見できます。専門のスタッフが万全の態勢で治療に取り組んでくれるのですから、うつ病が疑われたらまず専門の医療機関を受診すべきなのです。